13 11月 2017

CLT事務所構造見学会

CLTを活用した建築物等実証事業で、なかむら建設株式会社明和事務所構造見学会に

参加してきました。なかむら建設株式会社は、三重県伊勢市に本社を置く建設会社で

なんと今回の物件でCLT関連物件が5棟目という事で、全国でもCLT建築物の

施工経験を多数持っている企業です。伊勢市近辺だけでも5棟もCLT建築物が建っている

なんて、伊勢はひそかにCLTホットスポットですね。

 

今回の物件は、なかむら建設殿の社屋の建築で、建築物の概要は以下の通りです。

名称 なかむら建設株式会社 明和事務所

竣工予定 2018年1月下旬

延床面積 240.14㎡

CLT利用部分 壁

CLTサイズ 60(3層3プライ)×905×2,750mm

構造 木造軸組工法

特徴 木造軸組み工法で内壁に耐力壁としてCLTを使用

CLT現しでの化粧材と、壁倍率があり容易に使用可能な

耐力壁としての、両立を目指している。

また、仕上げ面に三重県産ヒノキを使用した、ヒノキ・杉のハイブリッドCLTで

ある「伊勢ヒノキCLT」を試験的に使用した。

(なかむら建設様構造見学会資料より)

 

今までのCLTのイメージは、大きくて厚いイメージが一般的で、住宅に使用するには

ちょっと難しいなという感じでした。今回のCLTは、厚60mmと薄型で、また

全てのCLTは、905×2,750mmの定型サイズになっており、屋根を施工した後に在来工法の柱間に

室内から人手で取り付けられるという事で、非常に住宅向けにも適していると感じました。

2名で運搬、取付が可能

 

パネルと柱の接合は、パネルの裏面から金具を取り付ける用法で、室内からは

金具が見えなくなっていますので、CLTを現しとして使用しやすくなっています。

裏面より金具で柱と固定

 

室内からは金具が見えません

 

地元のヒノキを使用した、ヒノキ・杉ハイブリッドの

「伊勢ヒノキCLT」の美しさに目を奪われました。

 

今後もCLT利用が進むにつれて、使用方法の多様化が進むと思います。

大型建築物向けの大判マザーボードだけでなく、今回の物件のように

小型・薄型・定型サイズCLTは住宅での需要が期待されます。

様々サイズのCLT生産ラインの詳細は、下記をご覧ください。

http://suzuko-clt.com/clt_machine/#02

 

説明会の模様

見学者として参加しましたが、突然説明会で実際のCLT住宅に住んでいる方に

住み心地を説明してもらいましょうと振られ、飛び入りで説明に参加しました。

 

10 11月 2017

2x4墨付けクロスカットシステム YouTubeに動画配信しました!

2x4墨付けクロスカットシステムの動画はこちらです!

↓↓↓

 

用途(Outline) 2×4パネル部材の墨付、プレカット 特徴(Principal) 自動投入、自動搬出装置を想定した設計なので前後の搬送装置をつければ、作業者1人でのオペレーションが可能です。全自動クロスカット及び墨付け作業が行えます。適切なカットデータから製品をカットします。柱の種類、位置、開口位置、合板情報、頭つなぎ情報、パネル情報、カット長さ等、必要な情報が印字できます。5ヘッド目を取り付ければ木口面の印刷も可能。CAD/CAM対応で、市販のメジャーなCADのデータとリンクできます。(CAD側でインターフェイスソフトが必要となります。)特別仕様についても対応できます。ぜひ、ご覧ください!